生活習慣病の初期症状としてEDになるケースがあります。死亡原因の半分以上を占めている生活習慣病とEDの重要な関係性について、当サイトで詳しく見ていきましょう。

更新履歴

EDは生活習慣病と密接な関係にあり、お互いに血液の血行障害によって引き起こされます。
基本的に中高年になるとリスクが上昇し、適度な運動などを行っていないと、血液の循環が上手くいかずに精力が減退したり、何事にもやる気を示さなくなることも多いようです。
喫煙や過度の飲酒、偏った食生活、運動不足や肥満といったことが原因となる生活習慣病では、主に高血圧や糖尿病、高コレステロール血症を引き起こし、動脈硬化によって心臓が停止したり脳卒中などによって死に至る要因ともなります。
そして男性器が勃起するには、外部からの性的な刺激や興奮を伝わることで、脳から神経を伝い、陰茎に到達することで海綿体に血液が送られることで硬い状態を維持できるようになりますが、この際に血液の循環が上手くいっていないと、勃起ができなかったり、勃起してもすぐに萎えることになります。
また、EDの症状を改善するために使用される治療薬は、血管を拡張することで海綿体への血液の増進を促す作用があり、その効果から勃起を促すことになります。
EDは勃起のメカニズムの何処かに神経の障害や精神的なストレス、血行不良という何れかの異常が現れることで起こるため、同様に血行不良による生活習慣病に罹ると、一緒に勃起ができなくなるという状態に陥ります。
EDの全てが生活習慣病と関わりがあるというわけではありませんが、上手く勃起できないなと感じたら、生活習慣病の兆候があると考えてもおかしくはありません。
特に不規則かつ不安定な生活を送っている人は、その傾向にあるため、EDと診断されたら一緒に健康診断も受けてみると良いかもしれません。
また、生活習慣病に罹っている患者はEDを発症する可能性が高いので、食事や運動療法によって治療をしていく必要があります。

記事一覧

EDをリングを装着することで解消する商品があります。 リングを男性器に付けることで、勃起不全や勃起障...

疲労やストレスそして加齢などが原因は多様ですが、勃起不全(ED)で苦しむ男性は多いです。 これに対し...

クリニックに通う前、もしくは自身の状態を知るために活用することができるEDセルフチェックがあります。...

もしかたら自分はEDかもしれないと感じたときには、早めに対策をすることが大切です。 EDとは勃起不全...

サイト内検索
人気記事一覧