生活習慣病の初期症状としてEDになるケースがあります。死亡原因の半分以上を占めている生活習慣病とEDの重要な関係性について、当サイトで詳しく見ていきましょう。

EDセルフチェック

クリニックに通う前、もしくは自身の状態を知るために活用することができるEDセルフチェックがあります。
最終的には医師が判断し、医薬品を処方することになりますが、自分でEDであるのかを判定することができますので、活用してみましょう。
多くは維持できるのか?それと性行為に対して満足することができたのか?を自身で判定する方法になります。
点数方式になっており、基準を下回るとEDの可能性が高まります。
このセルフチェックでたとえ基準を下回ったとしても、最終的な判断は医師が行いますので、あまりがっかりしないようにしてください。
改善策があることを忘れないようにしましょう。
その改善策こそ、ED治療薬です。
性行為の前に服用することで、勃起不全を改善します。
よく勘違いされることとして、ED治療薬を服用することで、常に勃起している状態になるように想像している人が多いですがそれは間違いです。
あくまでも性的な刺激を受けた時に勃起しますので、通常時であっても普通の状態になります。
性行為を行う時に使う医薬品です。
ただし服用できない人もいる、リスクが高い医薬品ですので、取扱いには注意しなければいけません。
特に持病がある方は、注意が必要です。
どちらにしても医師の診察を受けることで、服用でき、そしてEDであるのかを判定されますので、まずはクリニックに行ってみることをおすすめします。
勃起不全に悩み誰にも相談できない男性が多く、医師に相談することにも躊躇いを感じる人が多いですが、あまりに気にせずに相談することをおすすめします。
医師に相談することで解決する問題が勃起不全です。
また生活習慣病が引き起こしている可能性もありますので、診察を受けED治療をすることをおすすめします。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧